宗像コスモス会へようこそ

 宗像コスモス会は精神障がい者の家族が、平成4年に家族会を立ち上げ、平成5年に宗像コスモス会共同作業所をスタートさせました。平成18年に特定非営利活動法人(NPO法人)に運営を移行し、地域で暮らす障害者の皆さんと共に歩んでいます。


宗像コスモス会の目的

精神障がい者に対して、 地域における自立生活と社会参加の支援に関する事業を行い、 障害者福祉の増進および障害者が安心して暮らせる街づくりの実現に寄与することを目的としています。 

目的を達成するために行っている活動

●職業能力の開発と雇用機会の拡充を支援する活動

●保健、医療、福祉の増進を図る活動

●街づくりの推進を図る活動


■最新情報


「きなこ」と「甘栗」

宗像コスモス会のこめこのケーキは宗像産の米粉と卵を使用し、ふっくらしっとり焼き上げています。きなこも宗像産です。

昨日、県庁のまごころ製品ショップに「きなこ」と「甘栗」を納品しました。「甘栗」は秋の季節限定・10月限定!!で初出荷です。宗像市役所売店・ハートループ、ほたるの里(宗像市須恵1-1-18)でも販売しております。とても美味しく焼きあがっておりますので、ぜひ手に取っていただきご賞味ください!!

**下記のお問い合わせフォームからご注文・発送を承ります。消費期限:5日**


【お問合せ】

メモ: * は入力必須項目です


■お知らせ


SDGs12番目の目標「つくる責任、つかう責任」

宗像コスモス会共同作業所は、宗像市の小中学校の給食で使用した油をリサイクルして、20数年前から手作り石けんを製造販売しております。給食で使用される油は上質のなたね油であること、期間が定められて廃棄されるため比較的きれいな状態で廃棄されることをご存知ですか。

~宗像コスモス会の取り組み~

SDGsの観点から、このように廃棄物になる給食の油がリサイクルされ、日常的に使用する石鹸として生まれ変わることは大変意味のあることだと考え、実際に自分たちの食べた天ぷら油が目の前の石鹼にリサイクルされた事実を生徒さんたちに知ってもらう機会を作りたいと思いました。給食室から廃油を回収している、東郷小、日の里西小、日の里中に私たちの液体石けんをポンプに詰めて、手洗い場に置かせてもらうことから始めました。

 


みかんの花の香りに癒されます!!

<ぶんたん>

宗像コスモス会の庭に育った「ぶんたん」と「はっさく」の2本の木が満開です。窓を開けていると部屋の中までアロマが漂って、本当に癒されます。みかんの花の香りをご存知でしょうか?沈丁花よりずっと甘くて、柑橘系の香りです。蜜蜂もやってきています。しっかり受粉してたくさんのみかんが実りますように!!

<はっさく>

今年の冬12月~1月にはどちらの木にも200個くらいの実りがあります。宗像コスモス会産・無農薬の「ぶんたん」と「はっさく」で、美味しいピールやジャムを時間をかけてコトコト作ります!!今からとても楽しみです。



■販売商品


宗像コスモス会共同作業所でできた手作り石けん

手作り石けん

宗像コスモス会の「手作り石けん」は、10年以上改良を重ね、安心して使っていただける石けんをひとりでもたくさんの方にお届けしたいという気持ちで、日々丹精込めて手作りをしています。

 

こめこのケーキ

宗像コスモス会の「こめこのケーキ」は、素材へのこだわりをケーキに込めて、1つ1つ丁寧に手作りし、焼き上げています。ひとりでもたくさんの方に素材のおいしさを感じて、楽しんでいただきたいと思っています。



エコたわし

1つ1つ丁寧に、キャラクター、動物、干支、四角など、いろいろなデザインのエコたわしを手編みしています。食器洗いの時、洗剤を使わなくてもよいので、とってもエコで、手荒れの防止もできます。パソコンやテレビのホコリとりにも最適です。

長崎皿うどん

本場長崎からやってきた、皿うどんです。パリパリの細麺と本格とろみスープは病みつきになる美味しさです。たっぷりのお野菜と一緒にお召し上がりください。



宗像コスモス会共同作業所 ・ 地域活動支援センターひだまり

福岡県宗像市田熊1丁目3-36 
■電話  0940-37-3761   
■FAX   0940-37-3781